開発背景

エアインフォームは新技術導入により、従来の発泡スチロール製品のイメージを一新する製品です。
発泡スチロール製品は少ない原料で大きな体積を得る特長がありますが、樹脂板としては強度が不足しており、ビーズ形状の原料により角欠け等の弱点がありました。
また、金型成形されており製品サイズにより品質のバラつきが発生しておりました。

エアインフォームは押出成形技術で高密度(低倍率)に必要厚みで成形する事により、品質を一定に保ちました。
そして表面にラミネートフィルムを熱圧着する事で高い物性強度と断熱性能を持たせる事に成功し、フィルム面材の持つ高い付加価値により多目的な用途に対応できる独自の複合軽量断熱樹脂板を開発しました。
そして、私たちは軽くて丈夫なこの樹脂板を「エアインフォーム」と命名しました。

【高効率生産】
改良型押出成形機
+
【付加価値】
熱圧着ラミネーター機
=
複合軽量断熱樹脂板】
エアインフォーム

製品情報

エアインフォーム

高密度ビーズ法ポリスチレンフォームの表面に樹脂系フィルムを熱圧着した樹脂板です。
基材となる発泡板は新技術で高密度押出成形しました。
表面材として樹脂系フィルムを適切な温度と圧力で貼り付ける事により、従来の発泡スチロールの欠点であった強度不足を補いました。
長尺製品も可能であり、軽量で加工性や断熱性に優れるため芯材として多目的な用途に対応します。

▲製品とイメージ

エアインフォームAL

エアインフォームALはエアインフォームの表面に遮熱性の優れたアルミフィルムを積層した樹脂板です。
アルミフィルムは高い赤外線反射率を有しており、遮熱効果を発揮します。
フォーム自体を水蒸気や紫外線から保護し、初期性能のまま長期的にご利用頂けます。
断熱性能と遮熱効果により、住環境の省エネルギー化に貢献します。

▲製品とイメージ


製品仕様

製品名 エアインフォーム
材質 ポリスチレン
仕様 ビーズ法ポリスチレンフォーム板+ラミネートフィルム
製品サイズ 2,000mm~
長さ 長尺品が可能(運搬可能サイズ)
1005mm
20mm~100mmまで
重量 密度による
成型方法 自社開発押出機による
最低倍率品 約10倍~15倍 製品厚みによる
最高倍率品 約90倍まで

※1: 本製品は開発中につき、内容が予告なく変更されることがあります。

材質性能値

〔参考製品〕t=20mm 発泡倍率15倍品

性質 試験項目 単位 値※2
物質的性質 密度 kg/m3 65.4
吸水量 g/100cm3 1.0以下
透湿係数 ng/m2/s/Pa) 145以下
機械的性質 曲げ応力(MT,TD※1) MPa 1.33
曲げ弾性率(MT,TD※1) MPa 58.33
圧縮応力(10%) MPa 0.71
圧縮弾性率 MPa 12.08
衝撃強さ(落球試験) 未実施
熱的特性 線膨張係数 x10-5/℃ 7前後
熱伝導率 W/mk 未測定
化学特性 弱酸
強酸
弱アルカリ
強アルカリ
耐有機溶剤 芳香族炭化水素、ハロゲン化炭化水素、ケトン類、エステル類等の鉱油系薬品に対しては膨潤または溶解
その他 燃焼性 3秒以内で炎が消えて残じんがなく燃焼限界指示線を越えて燃焼しないこと

※1: 基本的に方向による強度差が出にくい成型方法の為MD,TD値は同じとしています。
※2: 上記数字は、測定値であり保障値ではありません。


使用例


製品カタログ